グルメを楽しむならほうとう

山梨の神社

どのようなエリアにも名物料理や郷土料理などのグルメがあるものですが、山梨を代表するグルメとはどういったものでしょうか。最も有名なグルメと言えば「ほうとう」でしょう。ほうとうという呼び名が一般的ですが、同じ山梨県内でもエリアによっては煮込みと呼ばれることもありますので注意しましょう。ほうとうとは小麦粉を練って作られた太麺と野菜を煮込んだ郷土料理で、味付けは甲州味噌でされています。甲州味噌は山梨を代表する調味料で、山梨県民にとって馴染み深い味となっています。甲州味噌は信州味噌と似た味わいで、強い塩気が特徴です。さらに、ほうとうは2007年に農林水産省によって「農山漁村の郷土料理百選」にも選ばれています。

山梨を代表するグルメと言えばほうとうで、ほうとうを専門的に扱う飲食店は山梨県内にいくつもあります。しかし、山梨にはそれ以外にも人気グルメがあるのです。特におすすめとなっているグルメはかっぱめしでしょう。ほうとうは古くから山梨県に伝わる郷土料理ですが、かっぱめしは富士河口湖名物開発委員会が開発したメニューです。河口湖には古くからかっぱ伝説が言い伝えられており、それにちなんだメニューとして開発されました。かっぱめしはご飯の上にきゅうりの浅漬けを乗せ、山芋や海苔、ゴマなどが乗せられています。かっぱめしを提供している飲食店は数多くありますが、お店によって個性があります。豚肉やサフランライスを使用したかっぱめしがあるので、食べ比べをしましょう。