山梨でB級グルメを楽しむ

富士山

現在は日本国内のどういったエリアでもB級グルメが人気となっており、これを求めてやって来る観光客も珍しくありません。もちろん、山梨にもB級グルメは存在しており大きな人気となっています。近年人気となっているのは甲府鳥モツ煮でしょう。戦後間もない時代に鳥モツは食べられずに捨てられていました。しかし、それではもったいないということで鳥モツの調理方法が考えられたのです。そこで考えられた料理のひとつが甲府鳥モツ煮で、現在は山梨県内の蕎麦屋を中心に提供されています。甲府鳥もつ煮には砂肝やハツ、レバーなどが入っており、砂糖と醤油で味付けされたシンプルな料理です。甲府鳥モツ煮は山梨県内の定番グルメですので、スーパーでも販売されています。

郷土料理とは同じ県内でもさまざまな種類があるものです。山梨県ですとおつけだんごがB級グルメとして注目されています。おつけだんごは大月市限定のB級グルメで、水でといた小麦粉の団子を野菜スープに浮かべた料理です。もともと家庭料理として誕生したメニューですので、家庭ごとに味噌、塩、醤油などの味付けがあります。おつけだんごと呼ばれる由来は「おみおつけ」と「団子」をミックスした説、大月桃太郎伝説がルーツになっている説など、さまざまな説があります。大月市ではおつけだんごをB級グルメとしてプッシュしており、おつけだんごMAPを発行しているのです。このマップにはおつけだんごを提供している飲食店がすべて掲載されています。